便秘のお悩み対策ガイドTOP > 便秘の種類 > 妊婦の便秘

妊婦の便秘について

 

普段は便秘がちではないという人でも、妊娠すると便秘になる人が多いですよね。妊娠すると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌量が増加するのが、一つの要因だと言われています。黄体ホルモンというのは筋肉を和らげて腸の動きを緩やかにする作用があるので、分泌量が増えると腸が活発に働かなくなるため、便秘をおこしやすくなります。更に、お腹の中で胎児が次第に大きく成長してくるので子宮が骨盤の中に落ち込み、腸を圧迫して腸の動きを鈍くさせることも便秘の原因となります。また妊娠してお腹が大きくなると動くのが億劫になり、つい運動不足になると更に便秘を長引かせることにもなります。

 

妊娠中に便秘がひどいからといって、むやみに市販の便秘薬を使うのはあまり好ましくありません。市販の便秘薬は、胎児の成長に影響を与えるものはないと言われていますが、体に合わずに体調を崩したり、更に腸を刺激して便通を促すタイプの便秘薬だと、場合によっては流産する危険性があるからです。かかりつけの産婦人科で医師の診察受け、妊婦に適した便秘薬を処方してもらうほうが無難です。

 

妊娠中はできれば便秘薬に頼るのではなく、日常生活を改善して便秘予防を行うのが安全です。日ごろから食物繊維や乳酸菌などが豊富な食品を食事に摂り入れたり、朝起きがけに冷たい牛乳を飲んだり水分をこまめに摂ったり、ウォーキングなど無理のない範囲で軽めの運動を行いと効果的です。更に妊娠中は色々なことが心配になって落ち込むマタニティーブルーになる人もいるなどストレスを溜めやすいので、気分転換を行うなどしてリラックスできる環境を作ることも大切です。

 

記事一覧記事一覧

女性の便秘

一般的に女性の方が男性よりも便秘になりやすいと言われていますが、その理由の一つとして挙げられるのが筋力の違いです。女性は男性よりも腹筋の力が弱いので、胃腸を筋力で支えることができず...

ダイエットと便秘

ダイエットをしても体重が減らないなど効果が見られない、お腹周りがぽっこりしてきたという方も多いではないでしょうか?実は、ダイエットと便秘には深い関係があり、ダイエットのために食事量...

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんも大人と同様に便秘になりやすいので、気をつけてあげましょう。赤ちゃんは生まれつきの体質や、筋力が少ないので便を排出する力も弱く、水分を摂っていても尿として排出される量が多い...

男性の便秘

便秘というと女性に多いというイメージですが、男性でも便秘に悩んでる人は意外とたくさんいるものです。女性の便秘は一般的に、筋力が弱く排泄する際にいきむ力をかけにくい結腸性便秘や、便意...

妊婦の便秘

普段は便秘がちではないという人でも、妊娠すると便秘になる人が多いですよね。妊娠すると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌量が増加するのが、一つの要因だと言われています。黄体...